住宅ローンの借り換えメリット

メインイメージ

長期固定金利型のローンフラット35

住宅金融支援機構から提供されているフラット35という住宅ローンをご存知でしょうか。
これは長期固定金利型のローンとして非常に人気が高くなっています。
フラット35ということで、最長35年間の固定金利ローンを借りることができます。
また、保証料が無料で、繰り上げ返済手数料もかかりません。
公的ローンですが、民間の金融機関からも提供されています。

長期固定金利型ということで、返済計画が立てやすくなっています。
変動金利型では金利変動のリスクを負うから避けたいという人は、このような長期固定金利型を選択するようにしましょう。
繰り上げ返済を効果的に利用することができれば返済を早めることができます。
何度も繰り上げ返済をすることができるのもこのローンのメリットです。

フラット35は以前までは購入資金の90%までしか融資していませんでしたが、現在は100%まで融資してもらうことができるようになっています。
住宅の新規購入だけでなく、借り換えの際にもフラット35を利用することができるようにもなりました。

そのため住宅ローンの審査のサイトを利用し控除を配慮するとなると変動金利からフラット35へ借り換えをするという人も多いようです。(利用サイト住宅ローンの審査http://jyutakuloankarikae.net/)
今後の国民のために新たな制度改革があることもあります。
そのため住宅ローンを契約しようと考えている人は、定期的に変更を確認しておいたほうがいいでしょう。

様々な付加価値をつけているフラット35S

長期固定金利型住宅ローンの代表格とされているのがフラット35です。
このフラット35にさらに様々な付加価値をつけているのがフラット35Sです。
基本的にはフラット35と同じで、住宅金融支援機構から提供されている住宅ローンになります。
フラット35とは違い、所定の条件を満たした住宅のみ利用することができ、金利が低いなどの特典があります。

省エネルギーや耐震性などの条件があります。
最近ではエコや環境に注目が集まっているので、このフラット35Sを利用する人も多くなっています。
フラット35Sを利用することができる住宅のことを長期優良住宅といいます。
長期優良住宅のように環境に配慮した住宅を購入する際には金利が低い住宅ローンを選択することができます。

どういった条件があるのかなどは住宅金融支援機構のHPを確認してみてください。
フラット35Sは金利が低いとはいっても、通常借りることができる固定金利選択型や変動金利型に比べると、金利が高く設定されていることが多いです。
しかしこれは長期固定金利型のローンとしては低い金利で借りることができるようになっています。

フラット35よりも低い金利になっていることから、安定して返済したいという場合には、利用を検討してみてもいいでしょう。
このようにフラット35Sはフラット35の特殊版と考えてもいいでしょう。
どのような住宅を購入するかにもよりますが、利用できる場合には検討してみてください。

住宅ローン : 三井住友銀行
住宅ローン : 三井住友銀行

カテゴリー

  • カテゴリーなし

住宅ローン情報

みずほ銀行:住宅ローン(総合案内)
みずほ銀行:住宅ローン(総合案内)

住宅ローン(新規お借り入れのお客さま・お借り換えのお客さま) | 新生銀行
住宅ローン(新規お借り入れのお客さま・お借り換えのお客さま) | 新生銀行

住宅ローン(不動産担保型)|中央労働金庫
住宅ローン(不動産担保型)|中央労働金庫

Copyright© 2013 住宅ローンの借り換えメリット All Rights Reserved.